So-net無料ブログ作成
検索選択

ES・面接における軸となる考え [理論]

ES・面接には一貫性がなければ勝てません。

ESと異なる内容を面接で喋ってしまっては、
面接官に「こいつはよくわからない」と思われてしまいます。

一般的に、”よくわからないやつ”が次の面接に呼ばれることはありません。
なぜなら、上に通した学生の良し悪しが面接官の評価に影響するからです。

当然、怪しい奴を通すよりは、一本筋の通ったわかりやすい学生を通した方が安心です。


そのため、皆さんは、なんだかよくわからない怪しい奴ではなく、ES・面接ともに筋の通ったわかりやすい奴になる必要があるのです。


では、ES・面接で一貫性を出すにはどうすれば良いか。

それは、以下の質問に対する貴方なりの答えを出すことで、解決できます。


「貴方は仕事を通して、どんな人に対して、どのような価値を提供したいですか?」

これは志望動機の上に位置する根幹、すなわち軸の考え方になります。

この質問に対する答えがハッキリして初めて、志望動機も簡単に書けるようになります。

よくわからない人のために、例をひとつ挙げておきます。


私が自動車メーカーの富士重工業を志望した時の答えは以下の通りです。

「車を運転する愉しさを知らない人達 に対して スバル車を通して愉しさを知らしめたい」。

これをより具体的に言うと、

車をただのツールや、ステータスを示すアイコンとしか見ていない人、
車を運転するのが怖いという女性や年配の人

に対して、

「走りの愉しさ」と「安全性」を追求しているスバル車に乗ってもらうことで、
自分も感じた『車を運転する愉しさ』を知ってほしい

という感じです。


私はこの軸を用意していたので、ESも簡単に書けましたし、面接でも答えに窮することはありませんでした。
(ちなみに富士重工業の選考は最終で辞退しました)


みなさんも志望業界を絞る前、または志望企業にエントリーする段階でぜひこの質問に回答してみて下さい。

軸となる考えを持っているというだけで自信も出てきますし、他の学生に比べて大変”わかりやすい”ととられるので、良い結果に繋がると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。