So-net無料ブログ作成
検索選択

WEBテストの重要性・対策について

WEBテストは面接に進めるかどうかを分ける重要な局面です。

学歴フィルターに引っかかる可能性のある方々は特に念を入れて取り組まなければいけません。

WEBテストの結果はおそらく最後まで影響します。

私はテストセンターの対策を徹底的に行ってから受験した結果、
面接でスコアの高さを褒められました。

TOEICの記事でも述べましたが、
努力によって他の学生との差別化ができるなら、迷わず取り組むべきです。

また、人気企業では加点の対象ではなく単なる足きりに使われる場合が多々あります。

対策を怠ったばかりに第一志望の面接を受けられなかった、ということのないようにしましょう。



WEBテストには会場に行って受験するものと、
自宅のPCで受験できるものがあります。


自宅のPCで受験できるものに関しては、
できる友人と協力してやるのが最も手っ取り早い対策です。

一冊対策本をこなしたら、あとは学食などで友人と一緒に取り組みましょう。


会場に行って受験するタイプのものは、自分ひとりで受ける他ありません。

代表的なものにテストセンターがあります。

テストセンターは、会場に行き、身分証を提示し本人確認がなされた後、
会場に用意されたPCに向かって問題をひたすら解くというものです。

一般的に序盤は簡単な問題が出され、素早く且つ正確に答えていくと、徐々に難易度が上がっていきます。

序盤の問題と終盤の問題の難しさのレベルは大違いで、
高学歴の学生でも対策をしていなければ時間内に全て終わらせられなかった、ということがよくあるようです。

知り合いの企業の採用担当者などから聞いた話によると、
テストセンターの評価のポイントは以下のとおりです。

・問題の誤謬率(誤答率)は見られていない
 (つまり、間違えた問題の数は評価に影響しない)

・受験者は問題の解き方によってレベル分けがなされる
 (素早く・正確に・高難易度の問題を解いた順に上から分類分けがなされる)

・問題ごとに評価が枝分かれしていく。最後まで回答できなかった場合もある分類に行き着く。


つまり、企業に評価されるためには、この分類分けで相当上位に入らなければなりません。

そのためには、序盤の簡単な問題で間違うことは出来ませんし、
高難易度の問題にも対応できなければなりません。

何を言っているかよくわからないと思った方の為にまとめると、
とりあえず素早く・正確に解くしかないことです。


参考までに、テストセンターの成績を褒められた私の対策法をお話します。

私は1冊の参考書をひたすら繰り返し解きました。

ナツメ社の「史上最強SPI&テストセンター 超実戦問題集」です。

他の様々な対策本を見ましたが、実際のレベルに即しているのはこの本だけでした。
これさえ解けるようになれば高得点は間違いありません。

他の対策本は一切要りません。
特に「これが本当の~」シリーズは簡単すぎて本番ではまるで役に立たないと思います。

WEBテストも周囲と差別化できる重要な要因なので、対策を怠らないようにしましょう。
特に苦手な人は秋頃から早めに手を出しておくことをお勧めします。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。